COLUMN

コラム

ライブができない時こそ、密かに歌唱力を上げるチャンス

ボイストレーニング

2020.8.15

新型コロナウイルスによって、歌手や演奏者、歌って踊れるアーティストなど、今まで活動してきた方のステージはほぼ全滅となりました。

 

今まで活躍してきたアーティストにとっても、これからアーティストを目指す方にとっても、今回の出来事によってモチベーションが下がったり、目標が定まらず行き先が見えなくなってしまっている方も多いのではないでしょうか!?

 

 

教室には、現在も新規生徒様のお申し込みがあります。

 

その生徒様方は、今よりも技術を上げてコロナが収束した際に、今よりもレベルの高いのパフォーマンスをしたいと考えて、ZOOMや対面レッスンに参加いただいてます。

 

決まっていたステージも、さらにキャンセルになってせっかく練習をしてきたのに...と思う方も少なくないかと思います。

 

しかし、今トレーニングしてきたことは、決して無駄になることはなく、私たちが安全に生活できるようになった時には必ず、ステージが行える環境になりますし、その成果は今やっている集大成でしかないです。

 

通常、プロも一般の方も、ステージやオーディションに向けて準備しながら活動してきます。

 

そのため、その合間にボイストレーニングを行い、自身の発声の矯正を行っていくのですが、ステージを行いながらの発声の矯正というのは、実は結構難しいのです。

 

なぜなら発声の矯正を行う時は、一度今までの土台を全て壊してから行うため、声がヒョロヒョロに弱くなったように聞こえたり、歌が下手になったように感じることがあるからです。

 

今本番がない状況、そんな時こそ自分の歌唱法を大きく変えるチャンスだと思っていただきたいです!

 

今現在の状況だけを見ているのでは、理想のあなたに近づくことは出来ません。

 

プロ意識の高い方なら未来を既に設定して、今のあなたに何が出来るのか、何が必要なことか・・・そのために、今何をするべきなのか?

 

考えてみてください。

 

夢を叶えられる人こそ、今この時間を大切に過ごしていますよ。

 

 

 

<関連記事>

高音で音程がブレやすい方へ

プロになりたいのになかなか成果が出ない方へ

<関連動画>

 

 

CONTACT

初心者マーク体験レッスン受付中

お気軽にお問い合わせください!

instagram twitter facebook youtube line
トップに戻る