COLUMN

コラム

腹筋を鍛えても上手くならない?!

ボイストレーニング

2020.5.11

腹筋と発声の関わりについてお話しします。

 

 上半身の筋肉がつき過ぎている方は、高音が出にくくなる という記事 は、見ていただけましたか?

以下参照 ↓

 

なぜインストラクターは声がかすれやすい!?

 

まだボイトレを始めたばかりの生徒の加藤様は、なかなかお腹が膨らみにくかったようなので、学生時代に行なっていたスポーツを伺ってみました。

 

 

すると、中学の時に陸上部、高校の時にバスケットを行なっていたそうです。

 

バリバリの運動部でしたね!

 

やはり学生時代にしっかり運動している方は、お腹周りも締まって結構筋肉がついていたりします。

 

これは言い方を変えると、お腹周りに筋肉がついている分、呼吸をする際にお腹が広がりにくい→お腹に空気が入りにくいということにも繋がります。

 

お腹周りに予め筋肉がついてしまっている方は、特に丹田呼吸を定着させて、インナーマッスルを鍛えることが大切です。

 

 

インナーマッスルを鍛える方法としては

  • 発声時に丹田を意識して敢えて浪費するくらいたくさん息を使って発声練習を行う。
  • 1曲を1音の母音 (例)ah などで丹田と呼吸に意識を向けてたっぷり息を使い歌う。
  • 美木良介さんのロングブレス。など

 

 

ヨガなどもインナーマッスルを鍛えることができますが、私的には歌が上手くなるためにインナーマッスルを鍛えるのであれば、呼吸に合わせたトレーニング方法をお勧めしますし、やはり同時に声を出す発声を兼ねたトレーニングが一番効果的だと思っています。

 

インナーマッスルは、外見からお腹が割れている腹筋とは少し違う筋肉なんです。

 

逆の言い方をすると、ボディービルダーで歌が上手い人をあなたは知っていますか?

 

聞いたことないですよね・・・というようなイメージです。

 

歌い手は、下半身はある程度筋肉がついていても良いですが、上半身は特にしなやかな筋肉を保つことで、伸びのある美声を出すことに繋がります。

 

 

関連記事も上げておきますので、呼吸法を兼ねてインナーマッスルを鍛えたい方は、こちらを実践してみてくださいね!ここでは、丹田呼吸のことを分かりやすく腹式呼吸と明記してます。

 

 

 

 

 

CHISE

CONTACT

初心者マーク体験レッスン受付中

お気軽にお問い合わせください!

instagram twitter facebook youtube line
トップに戻る